「高崎学童塾」さま折込チラシのご紹介

こんにちは。長壁です。

今月のお仕事のご紹介です。
高崎市上和田町にあります『高崎学童塾』さまの折込チラシを
制作いたしました。

『2018 新度生 募集』のチラシです。
10月19日(木)に折り込みされました。

 
ご覧になった方はいますか?

毎年ご依頼をいただいておりますが、
今回は、前回のチラシを元に、内容はあまり変更せず、レイアウトを変更いたしました。

特に裏面は、縦に流れ図をいれました。
その理由として、以前、学童塾さんの時間割表を制作しました。
生徒さんが学校から学童塾へ帰ってきてから、どのような流れで過ごすのか、
どのようなことをしているのか、より分かりやすく見せる方法をご提案し、
この方向で制作いたしました。

アシスタントの作業では、初稿の文字やイラストなどの校正の他に、校閲という大事な作業もしました。
それは、学童を探している働く母親の目線で、どんなことが書かれているといいか、
どんなことを知りたいか、など気づいた点を指摘することでした。

ここで一番勉強になったことがありました。
社長に気づいた点を報告し、ここはお客さまに確認しないといけないね。という
ところ、指摘箇所にポストイットを貼っておいたのです。

が、しかし・・・
私はここで間違いをおかしてしまったのです。

指摘箇所にただポストイットを貼っておく。
これでどうやってお客さまに確認するのか?ということでした。

校閲というのは、指摘出しを確認するときに、「こういう風にするのはどうでしょうか?」「こう表記すると分かりやすくなります。」「こういう方法はいかがですか?」と提案できるように文言や表記を考えて、書きこんでおかないといけなかったのです。

そういえば、以前ドラマであった「地味にスゴイ!校閲ガール」の中でも
事実確認で指摘出しをするときには、理由と提案をしていたなと思い出しました。

今回は、校閲作業が大変だなと改めて感じました。
でも、そのおかげで校閲という仕事に向き合えることもできました。
この折込チラシを見て、「こんな風に子どもたちは過ごしているんだな。」
「一度、見学してみたいな。」と思って、学童塾さんに電話する方が増えたらうれしいです。

個別説明会は11月15日(水)まで受付中!とのことです。
気になった方は、一度お電話してみてはいかがでしょうか。

長壁からの報告でした。