「お話します」それとも「お話しします」?

こんにちは。長壁です。

きっと大したことではないのかもしれない。
でも、すごーく気になったので納得するまで調べてみました。

それは、「おはなしします」という言葉。
漢字表記で、「お話します」それとも「お話しします」?
“し”が1つか2つかの違いです。
みなさんはどっちだと思いますか?

まず、パソコンで「おはなしします」を漢字変換すると「お話しします」とでます。
でも「おはなし」で漢字変換すると「お話し」「お話」の両方でます。
なぜだ?

「話」は訓読みで、名詞と動詞で送り仮名のつけかたが違います。
名詞だと「話」で、送り仮名はつかない。
動詞だと「話す」なので、サ行が送り仮名になります。

こう考えると、「おはなしします」は、話すの動詞を謙譲語にしているので、
「お話しします」ですね。
「おはなし」で変換してしますと、名詞と動詞の両方を想定できるので
「お話し」「お話」がでてくるのですね。

調べてみて気づいたのですが、「お話します」だったら、誤植ではないのかなと思いました。
これは“名詞”の「話」なので、「お話をします」です!
ついつい話し言葉だと「を」を省略しがちですが、文面ではきちんと書いたほうがきれいだなと思いました。

他にも名詞と動詞で送り仮名をつけなければいけない漢字を探してみました☆
「答」「答え」
「光」「光る」
「恥」「恥じる」
「氷」「氷る」
などです。

「2020年2月19日追記」
ことばの表記について
関連ブログはこちらから↓