「たかが句読点。されど句読点」

こんにちは。長壁です。

みなさんは、句読点をどのようにして打っていますか?

校正をしていて、「ここは読点(、)を打ったほうがいいのかな?」
と思うことがありました。

弊社ではお客さんに原稿をいただく場合と、
コピーライターの方に依頼をする場合があります。
校正作業では、文章の終わりに「句点(。)」が
ついているかの確認はしています。
「読点(、)」については原稿通りになっているか確認します。

しかし、社長がコピーを書くこともあるので、
素読みをしたときに文章の意味がおかしくないか、
誤植はないかの確認をします。

読点についてはあまり気にしていなかったので、
調べてみるいい機会だと思いました。
また、弊社のホームページにもブログを載せているので、
私自身、文章を書くときにも役立つと思い調べてみました。

句読点についてのサイトも多くあり、いろいろ見てみると
「へぇ」と思うことが多くありました。
まず、「読点」については規則や法則はないということ。
読者に読みやすくするため、意味の読み違いを防ぐために使うということです。

規則はないものの、正しい使い方を意識することで、
読者にとって読みやすい文章になるそうです。

では、句読点の正しい使い方とは?
1.長い主語の後に
2.重文・複文の区切りに
3.接続詞・副詞のあとに
4.並列関係にある単語の区切りに
5.誤解釈を防ぐために
6.漢字・カナの連続を防ぐために
7.句点はカッコ( )の後に
8.カッコ( )の前に打つ例外もある
9.感嘆符・疑問符の後には打たない

以下のサイトを参考にさせていただきました。
https://ebloger.net/punctuation/

詳しく載っていたので、とてもわかりやすかったです。
句点については、「文章の終わりに打つ」ということ
しか意識していませんでした。
調べてみると、それ以外にも正しい使い方があると知り、
校正作業に役立たせたいと思いました。

正しい使い方を知ったことで、校正の素読みでも、
ブログを書くうえでも、読者が読みやすいか意識するよう
心がけたいと思います。
また、素読みをする大切さも改めて感じました。

関連記事はこちら↓

公開日 2020/07/10
「こそあど言葉」ライティングでの表現