「コミュニケーション」本当かも!ミツバツツジのメッセージ

こんにちは。長壁です。

植物は互いにコミュニケーションをとってる!?これって本当?

えっ!どういうことだろう?
不思議に思いました。

超進化論を知っていますか?
私はある番組を通して初めて知りました。

競争だけではなく、共に助け合い、共に支え
合い、互いが互いを進化させる。

それが超進化論。

社長からおもしろい番組を観たよ!と聞いた
のが始まり。
NHKスペシャルでやっていたんだけど、植物
もコミュニケーションとってるんだよ!
しかも植物はすごく敏感で、たくさんのセン
サーを持っている。などなど、興味深い話を
聞きました。

今日のお昼休憩のときに観よう!ということに
なり、パソコンを使ってその番組を社長と一
緒に観ました。

番組名は、『NHKスペシャル』超・進化論
 第1集「植物からのメッセージ
〜地球を彩る驚異の世界〜」
です。

まず、私たち人間や動物は陸上の生物全体
のどのくらいの数いるでしょうか?

驚いたことに、
人間、動物、微生物を合わせても陸上の生
物全体の4.5%にすぎないのです。
他は全て植物だそうです。

地球にとって植物がいかに大切な存在で、
地球の命をつないでずっと守り続けてきて
いることを知って、私は感動しちゃいました。

では、植物たちが互いにコミュニケーションを
とるとはどういうことなのでしょうか?

植物はとっても敏感で、常にまわりの状況に
反応しているそうです。

一つが、20を超えるセンサーを持つ植物
たちです。
私たち人間は通常、五感で感じとっているの
に、はるかに多い20という数字に、社長も私
も驚きました。

番組内で特殊な光を使ってその状況を見る
ことができました。

一枚の葉が虫に食べられたそのとき、葉が
光り始めて、紫色の物質を出している映像が
流れました。

これは毒物質で、虫が食べたらお腹をこわす
ような物質とのことです。
虫から身を守るための防御反応で、食べら
れた葉は、即座に食べられていない葉にも
信号を送り、さらには他の葉や木にも送って
知らせるそうですよ。

傷ついた葉は、グルタミン酸を出すと神経を
つないで情報伝達の働きをするカルシウムイ
オンが発生する。その信号を受け取った葉の
細胞が毒物質を作るそうです。

なんと!

グルタミン酸は、人間の体内でも情報伝達
の役割があり、それと似た仕組みを植物も
備えているということ。

虫以外にも雨が降ると、雨に含まれている
化学物質から身を守るために抗菌物質を
出すそうです。
音、温度、重力、化学物質などに対応する
ために20の感知センサーを持っている。

昆虫は植物に呼ばれて飛んでくる!?
植物は自分の身を守るために、昆虫にも
メッセージを送っている。

葉がある幼虫に食べられたとき、葉は音や幼
虫の唾液に反応し、「食べられた」という
物質を出す。

そのメッセージは風にのってその幼虫を好む
昆虫に届けられる。昆虫は触覚で受け取り脳
へと伝わり「呼んでいる!」「行かなきゃ!」
と、その幼虫に食べられている葉に一直線に
たどり着くそうです。

「えー!!ビックリですよね!?」

昆虫は幼虫などを自分で探して見つけて
食べていると思っていました。
植物同士だけではなく、昆虫ともコミュニ
ケーションをとっているなんて驚きの連続
です!

植物は身を守るために昆虫を呼び、昆虫は
食べ物を得るために、呼んでいる植物へと飛
んでいく。共に生きていく共生の世界なので
すね。

植物は幼虫の種類によってその幼虫を好む
昆虫に物質を出してメッセージを送っている
んですって!

植物が送るメッセージにはさまざまな種類が
あり、他の葉や木にもその情報を正確にすば
やく送っていることがわかっているそうです。

山火事が起きたとき、植物はどう反応してい
るのか。

一本の燃えた木ではカリキンという物質を出
すそうです。
この物質のメッセージは「今こそ芽吹け!」
一体にメッセージが届くと眠っていた種が
一斉に発芽し地面から新しい命が生まれる。

自ら動くことができないのに、生き抜くパワー
がすごい!!植物の持つ力は壮大で力強いも
のだと感じました。

もしかして!
あの出来事は!
植物がコニュニケーションとっていた!?

弊社にあるガーデンスペース。ミツバツツジ
の木があり、毎年きれいで鮮やかな色の花
が咲いていました。

ある年、虫によって半分が枯れてしまいまし
た。植木屋さんに見てもらい半分は切ること
に。もう半分は生きているので、もしかしたら
枯れてしまったほうも徐々に芽が生えるかも
しれない。

実はミツバツツジは暑さに弱い木でした。
ただ、日がよく当たる場所にあるので、その
横にオリーブの木を植えることにしました。

今年はオリーブがとっても元気で枝もどんど
ん伸び、葉もたくさんついて、私は「オリーブ
がすごく元気ですね!オリーブだよーという
主張がすごいですね(笑)」と社長に言って
いたのですが、この番組を見て社長が言い
ました。

社長「ミツバツツジとオリーブがコミュニケー
ションをとっているからかも!」

「暑いからもっと日陰を作ってー」というミツバ
ツツジからのメッセージをオリーブの木が受
け取り、オリーブが聞き入れてくれた結果か
もしれませんね。

毎日、植物同士でコミュニケーションをとって
いるのかなと思うと感動です。

実は、これだけではなかった!
ミツバツツジが出したメッセージ?

社長「あっ!もしかして!地面からたくさん
ペチュニアの芽が出て花が咲いた年と、
枯れてしまった側のミツバツツジの枝から
たくさん葉がついた年が同じだった!!」

私「昨年の2021年は地面いっぱいに咲き
ましたよね」

もしかしたら、枯れた後、ミツバツツジの中で
「今こそ芽吹け!」というメッセージを出した
のかもしれません。

このとき、地面に眠っていたペチュニアの
種たちが、このメッセージを聞いて応えた
のかも。

ミツバツツジ

さすがです!
これぞミツバツツジの自己主張(笑)
周りを元気にしあわせにする主張はOK!(笑)

【今月のおすすめ記事】長壁推し!

【今読まれている人気記事はこちら!】