「凜花」メニュー表

2014_03_28blogハワイのホノルルにありますレストラン「凛花」のメニュー表のご紹介。

オープンしてから1年が経ち、1周年ということでメニュー表を作り直したいと
レストラン副社長の高野さんから依頼がありました。

「どう変えたいのですか」という返答に、実際に働いているシェフたちからは「今まで通り素敵な感じに」ということで、
高野さんからは、マイナーチェンジでお願いしますと指示がありました。

写真は以前の物を流用しますが、写真が変わらないとイメージも変わらないことを高野さんに伝えました。

A案とB案を提出しました。
A案・・・フォーマットは前回と同じで、文字を大きくデザインしてあります。     
B案・・・文字の組み方を変更、ロゴの要素を分解してデザインしてあります。

シェフたちからは「変わっていない」とのご指摘があり、オーナー、高野さん、シェフたちで
「どう変えたいのか」「変えたいのであれば、赤字で出してほしい」話し合いが行われました。

そこで、時間をいただいて弊社より3案(CDE)をご提案させていただきました。

CDE案はシェフたちのご意見から料理のビジュアルを主体にデザインし、文字組みを変更しました。

ここでまた、みなさんで話し合いが行われ、「C案」に決定しました。
理由は、お店の事情で価格を上げなければいけない。しかし、メニューが変わったことで、
お客さんが価格のことに目がいってしまい、顧客のストレスになってしまえば意味がない。
結果、メニュー表はマイナーチェンジにし、大幅に変える必要はないと意見がまとまりました。

立場が違えば意見も食い違うのは当たり前ということ。ですので、今回のメニューリニューアルで
みなさんが話し合ういいきっかけになり、5案出したことにより、みなさんがそれぞれ意見を出し合い、
聞き合いながら、最善の道を選べばいいと思ったそうです。

今回のようにただデザインするだけではなく、自分たちの考えが明確になっていくような
お手伝いを体験できて、私もとても勉強になりました。

長壁からのご報告でした。