「可視化」と「見える化」は違う?!

こんにちは。長壁です。

「可視化」と「見える化」は英語的日本語?
2つの言葉は、ほぼ同じ意味だと思っていま
したが、実は違う?

社長との会話でのこと。

カタカナ語が多く使われている現代。
このカタカナ語や日本語よくわからないな。

そんな時、英語に戻してみると。

わかる!
こういう意味だったのね!

英語のままのほうがスッと入ってくる。
社長はよくそう思うそうです。

最近特によく聞く「可視化」と「見える化」。

これも元々、外国で使われている英語を
日本語化したものではないか。

可視化は熟語としてありそうだけど、
見える化は造語っぽいですね!

まず2つの言葉を英語にしてみました。

可視化 → visualization

見える化 → visual control

両方ともvisualという言葉があるように、
図や画像、映像やグラフといったものを
使うのだということはわかりました。

調べてみると違いが書かれたサイトを発見。

「可視化」の意味と使い方について

“「普段は目には見えないことを、必要に応じて図表や画像などに表して理解し易くすること」という意味です。”
“本来は見えない状態であるものに対して、必要がある時に、誰にもすぐに理解できる状態に表すことを言います。”

「見える化」と「可視化」の違いとは?分かりやすく解釈
https://meaning-difference.com/?p=9114

「見える化」の意味と使い方について

“「企業や組織で、業務内容を具体的に図表や数値などを用い、客観的に見られるようにすること」という意味です。”
“ビジネスにおいて業務改善の目的を持って使われる言葉です。”

「見える化」と「可視化」の違いとは?分かりやすく解釈
https://meaning-difference.com/?p=9114

「見えるか化」はもともとトヨタで
導入されていた方法とのこと。

目的が違うのかなと思いました。

「可視化」は図やグラフで見せる。
「見える化」は上記に書かれている
ように、問題を見つけ出し改善するため。

このことを社長に話したら、2つの言葉は
違うの?!と驚いていました。

社長の意見は、
「可視化」はする側に重点をおいている。
見てわかりやすくすること。=図解

「見える化」は、誰にでもわかりやすくしたり、
話し合いをしたりすることで、その後の行動改善
まで行うこと。

ただ見て知る、報告するだけではなく、その後に
どうしたらいいか、どうすればより良くなるかを
考え行動を変化させることが「見える化」の目的
なのですね!

先日、NHKの「あさイチ」という番組を見ていたら
「可視化」という言葉が出てきました。

可視化でわかる歌の感染リスク

https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/210302/4.html

どんぴしゃな言葉に思わず釘付け(笑)

歌っているときのエアロゾル(目に見えない
ほど細かい微粒子)の状態を、可視化による
実験で、映像を見せて、不織布のマスクを
つけていないときと、つけているときで、
どのくらいエアロゾルが発生しているかを
伝えていました。

意味を調べた通り、普段は目に見えないことを、
可視化(実験映像)して見られる状態にすること
なんだと改めて思いました。

トヨタ方式の見える化は、

“人に行動を開始させ、その行動によって何かを変えて良くすることです。“

見える化の6つの目的と効果とは~トヨタ方式の「目で見る管理」のやり方とポイントの紹介
https://www.consultsourcing.jp/6755

という記事がありました。

目的が詳しく載っていましたが、
予防管理
知恵の共有
組織をつくる
さらに成長する
自律させる
価値を高める

という目的が存在するそうです。

詳しくはこちら → https://www.consultsourcing.jp/6755

やっぱり、「可視化」と「見える化」は違う!

実は、弊社ではチェックシートという業務の
スケジュール管理シートを使っています。

やったことの報告とできなかったことの報告
で終わらせてしまっている状態だと「可視化」
で終わっていることに、社長と話して気付か
されました。

これを「見える化」にするには、
今どういう状態なのかをとりあえず見せようね。

組織の中だと、できなかったことを隠して
しまったり、隠そうとしてしまうことが
あるんじゃないかな。
と、社長が教えてくれました。

わたしもある。

その壁をまず取り払おう!

「臭いものには蓋をする」ということわざが
あるけど、その蓋を取って中を見よう!

隠してもお互いにいいことはないというか、
隠したほうが辛くなるっていうことありませんか?

「見える化」には、見えないものを図や画像を
使って見えるようにするというより、
隠しているものを見える状態にすることで、
問題を見つけ出し、どうすればいいのかを
話し合うことで改善につなげる
のですね。

あ。できなかったというやましさから
隠してしまうことあるな・・・と改めて
痛感してしまったことは、
ここだけのお話とさせてください。笑

弊社で行っているインナーブランディングも「見える化」と似てる?!
インナーブランディングについてはこちら。

インナー・ブランディングとは。

子供と一緒にやった「見える化ボード作戦」はこちら。

よく目にする言葉「仮説」