「校正まとめ!」

こんにちは。長壁です。

連休明け、久しぶりの校正作業。

社長「どうやって校正していたか忘れてない?」
  「久しぶりにMacを触ったら、どうやってデザインするんだっけ。ってなったよ。」
わたし「確かに、見るポイントを忘れてそう・・・。」
   「久しぶりで時間かかってます。」
社内ではこんな会話が(笑)
校正中も何だか緊張してしまいました。

元号も変わったことだし、
初心の気持ちに戻り、
私が覚えた校正ポイントや用語をまとめてみました!

一番大切にしていること
【素読み】

デザインアップされたものを校正・校閲するときに大事なことは、
まず「素読み」をすることだと思っています。
「素読み」とは、一度通して全体の流れや内容を読んで確認することです。
クライアントの伝えたいことが、文章や言葉として正しく表現されているか、
何が書いてあるかわかるかなどの第一印象を大切にしながら読むことを教わりました。

第三者(顧客)の立場になって読むことを心がけています。

また、「素読み」をすることで、誤字脱字に気づくこともできます。
第一印象で疑問に思ったことを大切にすることで、調べてみて気づくこともたくさんあります。

詳しくはこちらのブログへ↓
「校正」と「校閲」とは・・・
https://www.oyobe.com/wp/勉強になります!/

【他の校正校閲についてのブログもぜひ】
*冊子を校正・校閲するとき
「まず、ノンブルだったとは!」
https://www.oyobe.com/wp/目指せ!校閲主婦?!/

*専門用語を知ったとき
「これは専門用語ですね。」
https://www.oyobe.com/wp/「ノド」と「小口」とは?/

「校正でも注意が必要ですね」
https://www.oyobe.com/wp/専門用語『なきわかれ』とは/

*校閲で大切な事実確認。
「事実確認OK!!」
https://www.oyobe.com/wp/校正で大切なこと/

*デジコンの校正では
「デジコンの校正で気づいたこと」
https://www.oyobe.com/wp/もう一度再確認!/

以前のブログを読み返してみると、
「そうそう!ここがポイント!」
など、自分自身でも振り返るよい機会になりました。
基本は大切にしないとですね。