「笑」の漢字と新年のごあいさつ

こんにちは。長壁です。

あけましておめでとうございます。

いつも弊社ホームページをご覧いただき、
ありがとうございます。
先週アップの予定でしたが、
新年早々、1週間遅れてしまいました。
ごめんなさい。

毎年、お付き合いのある方々へ年賀状をお出ししています。
そんな年賀状に触れながらの記事になります。

毎年発表される「今年の漢字」。
公益財団法人 日本漢字能力検定が、
全国から届いた応募の中で、
一番票が多かった漢字で決まります。
みなさまもご存じの通り、2020年の第1位は「密」。
2位は「禍」、3位は「病」とのことです。

【参照サイト】
日本漢字能力検定協会HP

https://www.kanken.or.jp/kanji2020/
https://www.kanken.or.jp/kanji2020/common/data/release_kanji2020.pd

社長から聞いて、私が驚いたのは、
ベネッセコーポレーションの進研ゼミ小学講座が
小学生を対象に「2020年を象徴する漢字」を調べたところ、
なっ、なんと、1位は「笑」だったそうです。
2位は「幸」、3位は「新」。

ポジティブワードばかりで、すごい驚きました!!
子どもたちも、2020年はコロナ禍で今まで
とは違う環境になったかと思うのですが、
「コロナでも笑顔で頑張れた」
「学校に行ける幸せを感じた」
「新しいチャレンジ・発見をした」などの
主な理由を見て、なんて前向きなんだろう。と思いました。

【参照サイト】

ベネッセ 教育情報サイト
“やっぱり鬼滅効果?! 小学生が選ぶ2020年の漢字に「鬼」がランクイン!”

https://benesse.jp/kyouiku/202101/20210109-2.html

YAHOO!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/dcb3b984bf1513fb3504d49646d72386be68825c

これはおもしろい!と思い、
私も自分の子どもたちに聞いてみました。
「2020年を漢字一文字で表すとどんな漢字?」

すると、
6年生の息子は、「新」
理由は、「コロナで新しい生活スタイルになったから」
4年生の息子は、「強」
理由は、「強くなりたいと思ったから」

2人ともポジティブワードでしたよ!!

子どもってすごいなぁ。としみじみ思いました。

弊社も厳しい一年ではありましたが、
割とポジティブだったと思います。
「こんな時こそ笑って過ごそう!」と
社長と笑って過ごす日が多かったです。

昨年のこの時期を今でも思い出します。
1月は、社長とSEOについて社内勉強会をしていました。
今まで後回しにしてきたことを、
本を読んだり、ネットで調べたりして
基本をしっかり身につけるための勉強会でした。

勉強したことをホームページとつなげて考え、実践すること。
Googleアナリティクスや、
Googleサーチコンソールについても勉強し、
自分たちでできるSEO対策というものを身につける1年でした。

新しいクライアントとの出会いがあり、
私は初めて、クライアントとの打ち合わせに
最初から参加させていただき、
制作に携わることができました。

年末からバタバタと忙しくなり、
先週も制作の校正などで重要な局面を迎えております。

弊社だけでなく、関わる方たちにも笑顔の年になるよう、
昨年の経験をアウトプットしていきたいと思います!

と、思った矢先に、
やるべきことの「優先順位」をツッコまれてしまったことは
ここだけの内緒にしてください・・・

本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

2020年よく読まれた人気ブログ記事トップ3はこちら!

1位 「お話します」それとも「お話しします」?

2位 専門用語『なきわかれ』とは

3位 「改訂」と「改定」どっちかな?