ルビは宝石のルビーからきてるって本当?

こんにちは。長壁です。

ルビの由来とは?

おもしろい発見!ルビの由来とは?
漢字などにふりがなを振るという意味の言
葉「ルビ」と宝石の「ルビー」は英語にすると
同じ!?

仕事で辞典で調べることも多いのですが、
辞典をよくよく読んでいるとおもしろい発見
があると最近つくづく感じている長壁です
(笑)

漢字などにふりがなを振ることを別名
「ルビ」と言いますよね。
このルビを英語でどう表記するのか知って
いますか?

英語で「ruby」と表記します。

国語辞典では、このルビの横に宝石の
「ルビー」の言葉と意味が載っているのです
が、英語にすると何と!「ruby」!

意味は全く違うのになぜ同じ英語?

それは、「ルビ」の言葉の由来と関係してい
るからなのです。

明治時代に本格的に普及した活版印刷

19世紀後半のイギリスでは、活版印刷で
使われる活字の大きさに応じて宝石の名
前をつけていたそうです。
例えば、
4.5ポイントの活字は「ダイヤモンド」
5ポイントの活字は「パール」
5.5ポイントの活字は「ルビー」
などです。

日本では明治時代にさかのぼります。
明治時代からの日本の活版印刷用語とし
て、ふりがなに使われていた活字の大きさ
が5.25ポイントでした。

イギリスで使われていた5.5ポイントの活
字の大きさ「ルビー」に最も近かったから、
日本でもふりがなに使われていた活字を
「ルビー」と呼ぶようになったそうです。

その後、活版印刷でふりがなを振る活字の
大きさという意味が薄れていき、ふりがなを
振ることを「ルビ」となって今でもカタカナ語
として使われているのです。

当時は、漢字を読めない人も多かったため
全ての漢字に「ルビ」を振っていましたが、
教育の普及とともに、子ども向けの本や教
科書、辞書などに使われたり、
漢字の一部のみに振る「パラルビ」という方
法ができたのですね。

(参照)
「ルビ」は英語だが、英語に「ルビ」はない
https://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?entryid=146

ルビにはいろいろな種類がある!

制作物によっては、校正の作業で
「ルビのチェック」があります。
ルビといっても、種類がこんなにあったとは
驚きでした!

「文章中から見たルビの種類」
・総ルビ
文章中の漢字すべてにふりがなをつける
方法です。

・パラルビ
文章中の一部の漢字だけにふりがなを
つける方法です。

「文字から見たルビの種類」
・モノルビ
漢字一文字ずつに対してふりがなを
つけます。

・グループルビ
二文字以上に対して均等にふりがなを
つける。特別な読み方をする熟語には、
グループルビを使います。

ルビのつけかたにはクライアントの方針に
よって違い、確認が必要なので、校正する
ときには気をつけています!

ルビの由来とまとめ!

まず、ふりがなを振ることを「ルビ」と呼ぶの
は日本だけ!
日本語の表記には、かな・漢字・カタカナが
あります。
英語の表記にはアルファベットの1種類の
みです。
漢字にふりがなを振ることは、日本独特の
表記ですよね。

元は、ふりがなを振るための活字の大きさ
を意味していた。

英語で「ruby」は宝石のルビーという意味
のみです!

余談ですが、アメリカでは活版印刷の5.5
ポイントの活字の大きさを「Agate」(瑪瑙)
と呼んでいたそうですよ。
瑪瑙(めのう)とは、緑・白・赤などのしま模
様がある天然石です。

もしアメリカの呼び方を採用していたら、
アゲート?アゲト?だったのでしょうか(笑)

【今月のおすすめ記事】長壁推し!

【読んでほしい関連記事】

【おすすめの専門用語記事】