ローマ字表記の決まり。「ん」は「nの場合」と「mの場合」があるから要注意。

こんにちは。長壁です。

ローマ字表記の決まり。

チラシやポスター、DM、パンフレットの
制作で気をつけることとは。

よく目にする駅名の看板や、地名や場所の
標識は、すべてヘボン式だと思っていた。

それが違ったのです。

ローマ字表記にはルールがある?!

先日、車を運転していて地名が書かれている
標識に、ふと目を向けると。

群馬のローマ字表記が
「Gunma」でした。

あれっ??

群馬のローマ字表記は
「Gumma」じゃなかったっけ?

日本語の「ん」をローマ字表記するとき。

ヘボン式は、
「b m p」の前では「n」ではなく、
「m」で表記するというルールがあります。

なので、「Gumma」だよね?
と思っていました。

間違いなんてことはないし、
でも、パスポートの氏名や住所のローマ字
表記はヘボン式だよなぁ。

どういうこと??

調べてみると、
群馬県のローマ字表記は訓令式を使っているそうです。
群馬県庁のホームページに載っていました。

“群馬(ぐんま)のローマ字表記について”
“群馬県庁では、県名の表記としては”Gunma”という訓令式のローマ字表記を使用しています。これは、1954年内閣告示第一号による綴り方で、国際標準化機構(ISO)が1989年に承認したISO3602にも準拠する綴り方です。一方、外務省では明治時代以来の慣習として、都道府県のローマ字表記についてヘボン式を使用しているため、パスポートのローマ字表記は”Gumma”となっています。”

群馬県ホームページより
群馬(ぐんま)のローマ字表記について

みなさん知っていましたか?

私は、パスポートの表記がヘボン式だから
その他で表記する場合もヘボン式だと思い
こんでいました 汗

「ん」のローマ字表記にはルールがあり、
「b m p」の前では「m」で表記する場合と
「b m p」の前でも「n」で表記する場合がある。

日本橋という地名の標識は、「Nihonbashi」
東京メトロ日本橋駅の表記は、「Nihombashi Sta.」

日本橋三井タワーの「ん」は「n」
日本橋タカシマヤの「ん」は「m」

なんですって!!

他にも、
「b m p」の前でも「n」で表記する場合は
・群馬県の表記
・交差点名
・街区表示板
・国土地理院の地図
・みずほ銀行の支店名
・三菱東京UFJ銀行の支店名
・三井住友銀行の支店名
・コレド日本橋

などなど。

詳しくは、こちらのサイトがわかりやすく参考にさせていただきました。

参考サイト↓
“ 群馬はGunmaかGummaか ローマ字表記の謎”
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO02506850Z10C16A5000000/

チラシやポスター、DM、パンフレットの
制作で気をつけることとは。

今回調べたことは、制作の校正でとっても
大事なことなので、ルールがあることに
気づけて本当によかったです。

地名や駅名、住所など必ず正しいかどうか
調べて確認しますが、ローマ字表記も必ず
一文字一文字チェックしなければいけませんね!

同じ地名が入っている建物でも
ヘボン式と訓令式のどちらを使っているのか、
違いがあるとは驚きでした!

みなさんも誤字脱字にはお気をつけください。

【関連記事】

・よく目にするローマ字表記〜名前のローマ字表記「姓-名」?「名-姓」?

・国際郵便の伝票の書き方〜ハワイへ荷物を送りました〜