何が違う?「要望」「要求」そして「要請」

こんにちは。長壁です。

ニュースでよく目にしたり聞いたりする
「要請」という言葉。
「休業要請」
「自粛要請」
休業しなさい。自粛しなさい。
という強い言葉だと勘違いしていました。

しかし、「要請」という言葉には、
「どうかお願いします」と相手に協力を
求める意味だったと知りました。

きっかけは、
社長がニュースを見て知ったことを聞いたときでした。
「コロナウイルスのニュースで、海外では、
政府が力でロックダウン(都市封鎖)したの
で、解除されるとその反動が大きく、お祭り
騒ぎのように人がいっきに外へ出るので、
また爆発的に感染者が増えるらしい。」
「日本の場合は、政府や各自治体が要請と
いう言葉で国民に『お願い』をしていたので、
一人一人が納得して自ら自粛や行動に気をつけ
ていたので、緊急事態宣言が解除されてもそこ
まで急激に人の外出は増えていないらしい。」
というお話でした。

このことを聞いて、
「要請」は国民に対しての「お願い」だった
ということに気づきました。

似た言葉で「要望」や「要求」があるので、
これを機にちょっと調べてみました。

大修館 現代漢和辞典より
要望・・・そのことの実現を強くのぞむ。また、そののぞみ。
要求・・・してほしいことを強く求める。また、その内容。
要請・・・必要なことだとして願い求める。

大修館 現代漢和辞典より

小学館 例解学習 漢字辞典より
要望・・・のぞむことが実現するように強くもとめること。
要求・・・①とうぜんのこととして、あいてに強くもとめること。②必要とすること。
要請・・・こうしてほしいとねがいでて強くたのむこと。

小学館 例解学習 漢字辞典より

調べてみると、「要請」だけ「お願いします」
という意味が含まれていました。

休業要望や休業要求とは言わないですよね。

要望と要求はけっこう似てるので使い分けが
難しそうと思ったのですが、
どんな時にこの言葉を使うかイメージしてみました。

「要望」という言葉は、弊社でもよく使います。
デザイン事務所ですので、
クライアントから制作の依頼がきます。
弊社は、クライアントに要望を聞きます。
クライアントは、「こういうものを作りたい」
「こうしてほしい」「こういう課題、悩みが
あるので解決したい」などなど。
クライアントのしたいことを実現するために、
弊社は要望に応えようと尽力します。

「要求」という言葉は、もっと強いイメージです。
当然のこととしてという意味があるので、
要求する側の主張がとても強く感じます。

私が美容院に行ったとします。
美容師さんに、こういう風にしたいですと伝えます。

これって「要望」?「要求」?

先月、あるお店で商品を買いました。
家に帰ってきて商品をパッケージから
取り出すと、な、なんと不良品でした。
レシートと商品を持ってお店に持っていきました。
事情を説明し、新しいものを交換してほしいことを伝えました。

これって「要望」?「要求」?

母親あるあるだと思うのですが、
夜になっても子どもの宿題が終わって
なかったら、宿題しなさい!と言ってしまう
ことありますよね。

これって「要望」?「要求」?

赤ちゃんがお腹をすかせてミルクが欲しいと大泣き!
これって「要望」?「要求」?

・美容院ではこちらの希望を伝えているので、「要望」。
・恐らく、不良品事件は、
買った側の主張が当然のこととして
強く求めたことなので、「要求」。
・宿題問題は、母親が当然のこととして
強く求めたとすれば、「要求」。
しかし、宿題は終わらせてほしいという
希望で言ったとすれば、「要望」。
・赤ちゃんの大泣きは「要求」。当然ですよね。

要望・要求という言葉だけだと思っていた以上に違いが難しい!!
場面をイメージしてみると、正当な理由があっての主張は要求。
こうしてほしいと希望を伝える場合は要望。
と私なりに違いを考えてみました。


みなさんはどう思いますか?
日本語には意味が似ている言葉がたくさんありますね。
漢字の意味だけだと
違いがあまりないように感じましたが、
場面を想像すると
ちょっとずつ違いが見えることもありますね。
類義語って難しい!!

人気記事もよかったら読んでみてください。