環境問題はいつから?知らなかったある企業の取り組み

こんにちは。長壁です。

最近、裏側の表記が気になっています。

何のこと?ですよね笑

教科書の裏表紙にあるこんな表記を見たこと
はありませんか?

【VEGETABLE OIL INK】
この教材は環境に配慮した植物油インキを
使用しています。

再生可能な植物由来の油、および、それらを
主体とした廃食用油等をリサイクルした再生
油が使われているそうです。

石油や石炭といった化石燃料に頼らず、再生
可能な植物油を使うことで、化石資源の節約
や二酸化炭素排出量の削減につながるのです
ね。

こんなインキマークもあった!
それが、

【BOTANICAL INK】
このパッケージのインキには環境に優しい
植物由来の原材料を使用しています。

これは、先日社長におやつで買ってもらった
セブンの「オレンジピールのマリトッツォ」
です。

パッケージの裏側を見てみると、このマーク
があったのです。

これも環境に配慮されたインクということで
すね。

ボタニカルは「植物の」という意味で、バイ
オマス材料(生物資源)の中でも、植物由来
の材料は、特に二酸化炭素排出量削減に効果
があるそうです。

最終的に燃やされても植物由来成分から発生
する二酸化炭素については実質増加しないと
のことで、この取り組みは2016年頃からおこ
なっていることを知りました。

もう5年前からオリジナル商品の包材の印刷
には「ボタニカルインキ」を使用していたの
です。

知らなかった〜

環境に配慮された取り組み

この話を社長にしたら、もっともっと前から
環境保全に取り組んでいるところがあったの
です。

それがイオン!

当時、イオングループのジャスコ
(現 イオン)の『環境報告書』という冊子
を社長がデザインしたことを知りました。

その冊子を見せてもらったのですが、驚いた
ことに2000年度の冊子でした!
つまりそれよりもっと前から既に環境問題に
目を向け、環境マネジメントシステムという
ものを構築して、グループ内で取り組んでい
たことを知りました。

ジャスコ環境報告書2000

スーパーなど買い物したときのレジ袋は2020
年7月から有料になり、買い物袋を持参する
ことが当たり前になりつつありますが、
ジャスコでは20年以上前から、買物袋持参運
動や、マイバスケット運動を実施していたの
です。

(えー!!そんな前からだったとは!!)

廃棄物削減のための活動や資源物回収ボック
スの設置、プライベートブランド容器包装材
に関しても環境に配慮された取り組みをして
いたのです。

環境に配慮されたインキについて調べてみた
けど、私が知らないだけで、色々なところで
色々な場面で何年も前から企業でも考え課題
に取り組んでいるのですね〜

これも社長から聞いた!
1997年に地球温暖化の原因になっている、
二酸化炭素など6種類の温室効果ガスを減ら
すための国際条約「京都議定書」。

そういうのあったな・・・汗

環境問題の歴史を知らなすぎだ!と痛感しま
した。

日本のエネルギー産業は明治から?

そもそも日本が石炭や石油を燃料として使い
始めたのは、明治!

西洋の先進技術の導入により、鉄道や船など
に使われていました。
電気・ガス・石油は明かりのために使う程度
だったそうです。

その後、自動車の普及とともに、石油も燃料
として多く使われていきました。

今ではガス・電気も私たちの生活にはかかせ
ないものですよね。

そして、世界中で地球温暖化問題が知られる
ようになったのは、1980年代半ば。

二酸化炭素の排出、石油や石炭を使った火力
発電の依存を減らすことが課題でした。

1992年 気候変動枠組条約の採択
1997年 京都議定書の採択(先進工業国のみ削減義務を負う)
2015年 パリ協定合意(発展途上国も削減・抑制目標を定めること)
2015年 国連サミット 持続可能な開発目標(SDGs)採択

私たちにも継続してできること

今でこそ「SDGs」という言葉が定着してい
ますが、今見ている環境問題への取り組み
は、世界で見ると30年以上も前から言われて
いたことだっとは・・・

私たち生活者、消費者にとっても意識を向け
て、みんなでよりよい環境と社会のバランス
を考え、循環するように変えて実行していた
のがジャスコ(現 イオン)なんですね。

どこのスーパーに行っても、リサイクル
ステーションがあり、回収ボックスを
私は本当によく利用しています。


スーパーへ買い物に行くついでに、リサイク
ルできるってありがたいですよね。

気づいたら、こういった私たち生活者や消費
者も一緒に巻き込んでくれていましたね笑

今回、私って知らなすぎるー
と痛感しちゃいました。

見えているものだけでなく、その背景や歴史
を知ることって大事ですね。
私も勉強になりました!!

【関連記事】