目線ということばの意味と使い方

こんにちは。長壁です。

ことばでニュアンスを伝えるって難しいけど、知れば知るほどおもしろい。
〜類義語編〜

ことの始まりは、「校閲記者の目」という本。
タメになる内容で読んでいてとても勉強になります。

“毎日新聞出版
校閲記者の目
毎日新聞校閲グループより”

“「目線」は俗語か。”
というキャッチコピー。
「えっ??」と思いました。

私たちが何気なく使っている「目線」ということば、
当たり前に使っているので、これを読むまで疑問に思ったことはありませんでした。

「目線」ということばは、元々、映画・演劇の世界で使われていたそうです。
演技者が目を向ける方向のことを意味するそうです。

さらに、「上から目線」ということばも聞きますよね。
見下された感じやイラッとする言い方をされたときに、言われた側が相手に対してそう感じたときに使うと思います。
学生の頃とか、一度はあるかなぁと思いますが、
あの子の言い方上から目線じゃない?!
こんな感じでしょうか(笑)

話し言葉で使いますね。
辞書で調べたときに、類義語で「視線」とことばが書かれていました。
似た意味の類義語ですが、「視線」に言い換えられるかどうか。
「上から視線」とは言いませんよね!!

おそらく、これって俗語であるがゆえに、本来の意味とは違うのではないでしょうか。
辞書で調べてみることにしました。

光村教育図書
小学新国語辞典 改訂版より
目線・・・①物を見ている目の方向。(例)カメラ目線
     ②物事を見るときの目のつけ方。(例)国民の目線で政治を考える

視線・・・物を見ている目の方向。目の向き。

他の辞書でも調べたところ、意外なことがわかりました!
調べた辞書は下記です。
・高橋書店 実用国語辞典【ポケット判】
・大修館 現代漢和辞典
・小学館 例解学習漢字辞典 第八版 ドラえもん版
漢和辞典と漢字辞典には、目線ということばが載っていなかったのです!

読んだ本にあるように、一般的に昔からあることばではなく、
特定の人たちだけで使われていたことばだったのだと。
しかし、「目線」ということばが広く一般的に使われるようになり、
ことばの使い方を調べられる国語辞典では扱うようになったのですね。

文章で使う場合、前後の内容や意味をしっかり理解したうえで使わないと
相手や読み手にとっては、違う意味でとられてしまうこともあるんだなと思いました。

本に校閲したときの一例が載っていました。
○○の目線に立って・・・
この場合は、「目線」ではなく「視点」を使ったほうがいいのでは。
または、目線を使う場合は、目線「に」ではなく、目線「で」と書くそうです。

読んでいて「なるほど〜」と思うばかりでした。

“毎日新聞出版
校閲記者の目
毎日新聞校閲グループより”

「ある立場から見たという意味を含む視線」=「目線」
違いは線より点
視点が強調されていること。”とのことです。

仕事でよく聞く「お客さま目線で」ということば。
「お客さま視点」とは言い換えられるけど、「お客さま視線」とは言わないですね。
ここでは、辞書に載っていた①物を見ている目の方向。ではなく、②物事を見るときの目のつけ方。という意味の「目線」ですね。
類義語だけれども、
視線は、目が誰を見ているか、何を見ているか、誰に向かっているか、何に向かっているか。
つまり、目の向きを意味しています。
目線は、見方や、どの立場で物事や相手を見るかという意味もあるので、意味を理解し、上手に使い分けるといいのですね。

類義語っておもしろいかも!
他のことばでも調べて使い分けを学ぼうと思いました。

最新の記事はこちらから↓
https://www.oyobe.com/wp/