鍛冶職人さんのデザイン力と心意気に感動

こんにちは。長壁です。

これこそがデザインだった!!

弊社は主に紙媒体のデザインをしています
が、「これがデザインの力だよね!」と社長
に教えてもらいました。

社長が購入した『草取カギカマ』&『草取溝
カッター』が凄すぎるお話です。

社長から、「『NHK』の番組を見て知ったんだ
けど、岩手県大船渡市の鍛冶職人が手作りし
た『草取カギカマ』がすごい!!」という話
を聞きました。

『熊谷鍛冶屋』さんのホームページサイトと
使い方のYouTube動画を見てみました。

“https://kajiya.me/item-detail/615337”

“https://www.youtube.com/watch?v=CEoT-HOAc7U”

動画を見てみると、庭や畑の草取りをひとか
きで草が取れていたり、コンクリートの溝か
ら生えている草をキレイにかきとる映像を見
て、「何これっ!!」という感じでした。

なぜ、社長は購入しようと思ったか。
「作り手の心意気に感動したから」と言って
いました。

『NHK』の放送番組“みちのくモノがたり”を
私も見て、その理由がわかりました。

岩手県大船渡市にあります江戸時代から続く
『熊谷鉄工所』さんです。
元々は漁業関係の道具を作っていたのです
が、この技術を生かした園芸用の道具を考
案、開発しているそうです。

東日本大震災があり、漁業関連の道具も一度
は伸び悩み大変な時期もあったそうです。
「私にはこれしかできない」
漁具作りの技術を生かし、アワビ釣の焼入れ
技術を応用し、頑丈な刃で、草を根から取る
カマを生み出したそうです。

番組を見て私も「かっこいいな」と
思いました。

「届くまでワクワクしますね!」と社長と盛
り上がりました〜

思ったよりかなり早く商品が届き、早速、
使ってみることに。

想像していた感じより軽い!
力を入れずに簡単に取れる!
本当に根っこから取れる!
草取溝カッターもブロックの溝にしっかり入
りこむので、根っこからかきだせる!
手が疲れない!

草取カギカマ-草取ミゾカッター

デザインの力とは

刃が独特の波形状になっているのですが、
これが草を刈るのではなく、取るために生み
出されたのですね。

手作りという職人さんの技術で、形を変え、
機能性を考え、使う人を想い作り上げたも
の。「これこそがデザインの力」だと社長は
感動したそうです。

社長と「これなら除草作業も楽しいね!」と
実際に使ってみて、さらに、感動を味わいま
した。

社長は、ふるさと納税で購入したそうです。
私もふるさと納税の仕組みを聞いて、サイト
を見てみたのですが、残念ながらそのときは
売り切れとなっていました。

熊谷鉄工所のオンラインショップを見てみる
と、在庫切れの商品もあり、やっぱりいいも
のはみんなすぐチェックしているんだなと感
じました。

私も家の庭の除草作業で欲しいと思い、
特に、庭とアスファルトの境目やブロックの
境目から生える草が上辺しか取れず、手を焼い
ていたので、『草取溝カッター』は絶対欲し
いと思い、購入しました。

届くまで楽しみです。

便利なものはたくさんありますが、使う人の
ことを考え、永く使えるように生み出され、
職人さんの心意気を感じられるものは、使う
側も大事に永く使おうと思えるなと改めて感
じました。

【関連記事】

「聞く力」と「デザイン思考」

親子の体験。ときどきデザイン思考。

【おすすめ記事】

【パンフレット】制作「読む人より使う人に愛されるツールを

パンフレット制作